読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワク*2 ドキ*2 ◯◯*2 保育士MEMO

楽しく保育できて心が軽くなるお手伝いになればいいな。独り言がヒントになるかも!

122 自分で気づかぬ営業スマイル!?

Guoぱんだのこと

昨日は買い物に出かけました。

買い物に出てしばらく車を走らせたら、そこに何を買いに行こうとしていたのか忘れていることに気づきました…

うーん…

他のお店で買い物をすれば思い出せるかなと寄り道をして買い物をしましたが、思い出せませんでした。

最近こんな物忘れが多いGuoぱんだです。

買い物に行くはずだった店に背を向け、家に着く直前に買いたかったものを思い出しました!!

おー、思い出せてよかった。

でも…暑くてたまらなかったので買い物は諦めました。

やはりメモしておかないといけなかったと反省し、早速メモしました。

…一番危険なのが、メモしたところ、しまったところを忘れてしまうことですよね。

それよりひどいのがメモに書いた内容の意味がわからない時…「なんでこれが欲しかったの?」「何だこれ?」さすがに滅多にありませんが…

脳活も必要な年齢になってきたのか!?

f:id:panda-mzlbk:20160801151315j:plain

先日、ジムに行ったところ突然声をかけられました。

「保育園の先生ですよね?」

 

以前いた保育園の保護者の方でした。

 

Rくんはあかちゃんでしたし、担任でもなかったのによく覚えていたなぁ…と驚きと同時に声をかけてくれたことに嬉しくも感じました。

Guoぱんだ、そんなに目立ってた!?

 

G「お変わりありませんか?」

母「Rは小学生になりました」

G「えー、もうそんなに大きくなったのね」

母「見たことがあると思っていて、先生だと気づいて…突然声をかけてすみません」

G「いえいえ、こちらもずっとどこかでお会いした…と気になっていたので声をかけていただいてありがとうございます…」

 

こんな会話をしている中でふと気がつきました。

 

…うわぁ〜Guoぱんだ、営業スマイル&仕事会話している、と。

 

仕事を辞めてから久しく営業スマイルや仕事会話はしていませんでした。

誰にも会わないように買い物の時間を選んだり、マスクをしたりして声をかけられない雰囲気を作って過ごし、営業スマイル&仕事会話はしなくていいように自分を設定していました。

もともと園以外のプライベートの場所で保護者に遭遇するのも好きではないタイプですので、そんな面倒な能力は完全に仕事を辞めた時に捨てたと思っていました。

 

仕事を辞めて一年以上経つのに、営業スマイル&仕事会話って当たり前にできるんだ〜としばらく使っていなかった能力が自然に発揮されることにビックリしました。

そして、Guoぱんだも営業スマイル&仕事会話していたんだ〜〜と今までそういうことはしない、できないと思っていたのに、実は当たり前のようにしていた “気づかなかった自分” に気づいたのでした。