読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何気ない日々の生活に保育のヒントを見つけたい!

子どもたちと一緒にドキドキ!ワクワク!〇〇〇〇!してますか?

308 豚汁?お汁粉?

あなたならマラソン大会の後のご褒美には何がベストですか?

お汁粉?豚汁サイコロキャラメル?氷砂糖?甘酒?

人それぞれ好みはありますよね。

Guoぱんだサイコロキャラメル派です。

 

Guoぱんだの勤務していた園では、2月に園内で親子マラソン大会が毎年開かれていました。

走り終わった後に、疲れを癒すために毎年園児と保護者の方にお汁粉を提供していました。

子どもたちにはお汁粉は好評ではなく、完全に大人の楽しみとなっていました。

そんな姿を毎年感じていたので、お汁粉に限定せず、みんなで食べられる疲れた身体を癒すものを考えてみることにしました。

 

人それぞれ好みはありましたが、最終的に、寒いので暖かい食べ物を用意したい…

マラソン大会が終了するのは土曜日の午前11時過ぎだから、お腹も空くので昼食も見据えたものを提供したい…

おにぎりなら朝の忙しい時間に作ってもらえそうだから、おにぎり持参にして…

子どもも比較的食べられる(ちなみにGuoぱんだは嫌いなんですが…)豚汁” にしてみてはどうか…

ということで今年は “豚汁” を提案することにしました。

 

さて、職員会議にて職員で話し合った “豚汁” を提案したのですが、なんと園長(例の反面教師元上司)が突然怒り出し、こんな反対意見を述べ始めました。

「マラソン大会の後はお汁粉に決まっているでしょ!!豚汁なんてあり得ない!!」

…職員一同、お汁粉の大切さについての激怒講義を1時間近く受けることとなったのです。マラソンの後は “お汁粉を振る舞う” と当時の法律にあったのだろうか…

f:id:panda-mzlbk:20161108205400p:plain

園長以外の職員の心は一つ “お汁粉でも豚汁でもどっちでもいいじゃん?どうにかしてくれ~” です。

全くのくだらない身にならない講義です。時間の無駄!大事な会議の時間を返せ!超勤だって当たり前のように出さないだろう!

しかも、たかがお汁粉と豚汁にいい大人が怒り狂うなんて大人気ない…自分が食べたいだけだろ??とまで疑ってしまいます。いや、食べたかったのでしょうね。

お汁粉?豚汁?にこれ以上、貴重な時間を費やすわけにはいかないので「お汁粉でいいね」とこっそりメモを職員に回して確認をし、Guoぱんだは講義の最中に「はい!!」と手を挙げて「豚汁を打ち出したのは自分です。豚汁にはこだわっていませんので今年も “お汁粉” でいいです」と伝えました。…先ほどもいいましたが、Guoぱんだ、豚汁がきらいです。豚汁がいいってGuoぱんだが言うわけないんですけどね。

「わかればいいのよ」と、園長のくだらない講義はやっと終了しました。なぜそんなにしてまでお汁粉が食べたいのかがわからない。ここでしか食べられないの?自分で作れるでしょ?

 

人を救うためには罪をかぶることは時に必要であると思います。

この時、周りの人たちがよき理解者ばかりだったことで、Guoぱんだ自身が罪をかぶる勇気をもらえたようにも思います。

 

 

しかし!!

こんなお汁粉しかみえていない頭の固い人間に「Guoぱんださんは頭が固い。まわりがみえていない」なんて言われた時には呆然とします。「先生に言われたくないですね」とお伝えしましたが、その言葉、そのままいや100倍にしてお返ししま~すといったところでしょうか。

この反面教師元上司との、このお汁粉豚汁の一件が忘れられないGuoぱんだ。この方の言葉が心に入ってこないのはこんなところも原因の一つです。

時々思い出しては、くだらなさすぎて記事にもならない…と思っていましたが、今回記事にしてみました。

何にしても、自分のことが見えていない、反省していないと他人に偉そうに説教する人ほど、自分が見えていない、反省できないのではないですかね?