読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何気ない日々の生活に保育のヒントを見つけたい!

子どもたちと一緒にドキドキ!ワクワク!〇〇〇〇!してますか?

332 今日は嬉しいひなまつり〜♪

今日はひな祭り。

節分の鬼気迫る日とは違い、なんとなくマッタリ感で過ごせます。

でも、保育者として行事の催しを組むのに、意外に難儀なのがひな祭りだとGuoぱんだは思っていますが、そのようなことはないでしょうか?

 

先日は雛人形について調べましたので、今回はひな祭りそのものについてざっくり調べました。Wikipedia参照

 

雛祭りとは?

女子のすこやかな成長を祈る節句の年中行事でひいなあそびともいう。

雛人形を飾り、桃の花を飾って白酒や寿司などの飲食を楽しむ節句の祭り。

ひなあられやひし餅を供える。

旧暦の3月3日は桃の花が咲く時期であるため「桃の節句」と呼ばれることが多い。

 

雛祭りはいつ頃から始まったのか?

複数の説があるが、平安時代の京都で平安貴族の子女の遊びごと(雅びな)として行われていたとする記録あり。

始めは儀式ではなく遊びであり、雛祭りがひなあそびとも呼ばれるのはそのためである。

平安時代には川へ紙で作った人形を流す流し雛があり、雛人形は災厄よけの守り雛として祀られるようになった。

江戸時代になり女の子の人形あそびと節句の儀式と結びつき、全国に広まり飾られるようになった。

     f:id:panda-mzlbk:20170207012312p:plain

…調べて見ると、行事で取り上げてやることがなーいと思ってしまうのがわかるような気がしました。

七夕のように物語がある訳でもなく、節分のように目立った動きがある訳でもない。

食べたり、飲んだり、おしゃれさせたり…というような今ひとつ動きに欠けるものになってしまう。♪ひなまつりに合わせて踊ったこともありましたが、何か締まらないというかなんと言うか…

実は説明するのに難しい習わしだったのだ…と改めて思うGuoぱんだでした。