読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワク*2 ドキ*2 ◯◯*2 保育士MEMO

楽しく保育できて心が軽くなるお手伝いになればいいな。独り言がヒントになるかも!

80 アメンボ仙人

子どもたちのこと

一昨日の昼間、TVで刑事ドラマの再放送をやっていました。

ふと耳に入ったクライマックス場面で、こんなようなセリフが…

「君のお母さんは(お腹の中にいる)君を守りたかったから嘘をついた。そしてお父さんも君を守るために人を殺めてしまった。そして〇〇さんも君を守るためにまた罪を犯した。だから君は一人じゃない。君を守ろうとしてくれている人がこんなにたくさんいるんだ」

(; ̄O ̄)

えーっ!!Guoぱんだならばこんなこと言われたら一生立ち直れない。

だって要は「君のためにみんな罪を犯してしまった」ということでは?

脚本を書くのも大変だとわかりますが、何だかなぁ…

君への慰めの言葉にもとれるが、受け取り方次第ではひどい投げかけの言葉です。

これなら『相棒の杉下さん』が「悪いことはどんな理由があろうと悪い」と犯人に一喝する時があるが、その方が数倍慰めになると思ったGuoぱんだです。

自分はよかれと思って声をかけても、相手にはそうは思えない傷つく言葉もあるので、気をつけたいですね。

 

 

さて、今日は梅雨時期に合わせて、4歳児のTくんの話。

 

その日は朝から雨が降っていましたが、お昼前に一瞬雨がやむ時間がありました。

梅雨時期ということもありなかなか外にも出られないので、その一瞬に気分転換をするため園庭に出ました。

木の下に大きな水たまりができていて、それを子どもたちと眺めていると突然Tくんがやってきて言うのです。

「もうすぐだに。もうすぐ来るで」(遠州弁丸出し)

当然Guoぱんだは「何がくるの?」と聞き返しました。

Tくんはにやりと笑いながら「…アメンボじゃん。もうすぐくるで」と空を見上げます。

「アメンボって水に浮いてるあれでしょ?なんであっちからくるの?」と声をかけましたが、Tくんは冷静で「まあ、待ってな。もうすぐだで、もうちょっと待っててみ」と空を見上げたまま言います。

Guoぱんだは内心『Tくん仙人かい!?』と思いながらTくんの指差す方向をじっと見ていました。

……………

それから数分後、空の向こうの方から黒い物体が飛んできました。

その黒い物体はGuoぱんだたちのいる大きな水たまりの中に降り立ちました。

それはまさしくアメンボ!!

「フフッ、ほらね」とTくんはその場を立ち去っていきました。

 

恥ずかしながらGuoぱんだはアメンボが空を飛ぶなんて、この時まで知りませんでした。

 

でも、なんでTくんはアメンボが飛んでくる時間まで知っていたのでしょう…

いつも雨上がりに観察していたの!?

それとも…

 

まさにそれはTくんがアメンボ仙人になった瞬間でした。